akikaze memo

4歳の男の子と0歳の女の子を育てる母のブログです。

息子4歳が楽しんでくれた絵本

眠る前の読み聞かせ。始めた頃は面倒だなーと思うこともあったけど、最近はすっかり定番に
なってる。
図書館で色々借りて読んでいるけど、その中で特に食いつきが良かった絵本を紹介してみる。


かえるをのんだ ととさん―日本の昔話 (こどものとも絵本)

かえるをのんだ ととさん―日本の昔話 (こどものとも絵本)

日本昔話的な語り。ととさんが飲んでしまったかえるをどうにかしようとするお話。
ととさんのお腹の中の様子を表現する擬音語に食いついてた。
私的には、ととさんが「猟師」を飲んだのが衝撃だった。


こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

ぬいぐるみのこんとあきちゃんの話。
途中、こんの「だいじょうぶ」が小さくなっていくのが不安になった。
最後は心がほっこりした。
息子クンはなぜか最後のページのこんの型紙に見入ってた。「ここが耳?しっぽ?」と当てっこするのが楽しかったらしい。


どろんこだいすきモクモクだい! (新しいえほん)

どろんこだいすきモクモクだい! (新しいえほん)

ひつじのもくもくが保育園のようなところへ初めて行った時のお話。
絵のかわいらしさと現実にありそうな内容に引き付けられた様子。


にじいろのさかなとおおくじら (にじいろのさかなブック)

にじいろのさかなとおおくじら (にじいろのさかなブック)

キラキラ光る魚が印象的。絵がとてもきれい。
内容はスイミーっぽい。


たなばたまつり (講談社の創作絵本)

たなばたまつり (講談社の創作絵本)

七夕が近いので借りました。
七夕祭りの絵がとても綺麗。
息子クンもそのページをじっと見てた。


4歳になって、ストーリー性のある絵本が好きになってきた感じがする。
そして擬音語も好き。
綺麗な絵にも引かれるらしい。
息子クンの好みを踏まえつつも、少しずついろんな世界を見せてあげたい。
そんなことを思いつつ、絵本探しを続けていこう。

(息子:4歳)