読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akikaze memo

4歳の男の子と0歳の女の子を育てる母のブログです。

アテニアに感動した話

妊娠した頃から香りがきつい化粧品が駄目になり、そもそも手入れ自体も億劫になり、今に至るまでテキトーが続いていました。

しかし、
そろそろ仕事復帰するし、お化粧もちゃんとしないと!(メイクもテキトーだったorz)と改めてお化粧品ジプシーを始めました。

とりあえず、今使っているものが無くなりそうなものから買ってみて、使い心地が良かったら、ラインで揃えてしまおうかと考えました。

そんな時にちょうど無くなりそうだったのがクレンジングオイル。

@コスメさんを見ていると、目についたのがアテニアさん。

なんでも2016年前半期のクレンジング部門の1位だそうな。

これは買うべし!

注文してみると、割引があったり、おまけでハンドクリームが付いてきたり、なにかとお得な気分になりました。

そして2日後届く。
沖縄なのに。
最近はホント早い。
それはいいとして。

最初におまけのハンドクリームから試しました。
もともと、ベタベタするクリームが苦手なので、ハンドクリームは自分で買ったことが無かったのですが、もらえるなら使ってみるぞ♪と。
すると、想像以上に良かった!
最初はベタベタするものの、時間が経つとスベスベに!
何よりも香りが好みで癒されました!
使い終わったらリピするかも!
それくらい良かったです。

そして、クレンジングオイル。
アロマタイプと無香料があったのですが、とりあえずアロマタイプにしました。

こちらも良かった!
まず香り!癒されました。
最初の頃は洗い流すのが名残惜しかった(笑)
ダブル洗顔不要というのもありがたい。
そして使用後、鏡をみてビックリ。
若干色白になった気がしました!
鼻の頭もツルツルに!
これなら毛穴パックは要らないかもしれない。
お値段も2000円以下なので、お手頃な方かな?
これはしばらく使い続けたいと思えました。

クレンジングオイルだけではなく、他の品も価格が低めなので、色々使ってみたくなりました!
そろそろ、ファンデが無くなりそうだから買ってみよう♪
他のも良さそうならお化粧品ジプシーは卒業出来るかもしれない。

小泉吉宏さんの本を読みました。

Twitterでたまたま見た言葉。
「人づきあいが疲れるって?自分を演じていない?」


苦手な人と会うときは気疲れする私。そういう時は確かに自分を演じているかもしれないと思った。その言葉を言った人がどんな作品を書くのか気になったのでちょっと読んでみることにした。

見つけたのは「一秒の言葉」「まろ、ん?」という2冊の本。
「一秒の言葉」はCMに使われた詩を一冊の本にしたもの。言葉ひとつひとつに作者が撮影した写真があったり、その言葉のエピソードがあったり。心に残ったのは最後の言葉。

『さようなら』
 この1秒ほどの短い言葉が、一生の別れになるときがある。

普段意識はしていないけど、きっと別れは突然やって来るのだろう。一期一会だと言うことを忘れずに過ごそうと思わされた。短い本だけど色々考えさせられた本。

一秒の言葉

一秒の言葉



そしてもう一冊の「まろ、ん?」。こちらは先ほどの本とは違った赴きの本で、源氏物語を大まかにまとめた漫画。源氏物語に興味があったわけでは無いので、序盤はその世界に入りにくくて、何度も読み返してしまった。一通り人物を覚えてくると読みやすくなり、漫画ということもあって、楽しく読めた。だけど、ひとつひとつの話が「大まか」なので、なんだか物足りなかった(そういう本なのだけど)。
そうしたら、あとがきにこう書いていた。

この本を読んだ方々が、『源氏物語』をまず現代語訳からでも読みたくなってくださったら幸いです。

すっかり作者の思惑通りになってしまっていた。
源氏物語の全体像をつかむには最適な本だと思う。

まろ、ん?―大掴源氏物語

まろ、ん?―大掴源氏物語

2冊を読んでみて、多才な方だと感じた。全く違ったジャンルの本だったので。
絵本も描いているそうなので、そちらも読んでみようと思った。

生後8ヶ月、出来ること思うこと

つかまり立ちとつたい歩き

7ヶ月でつかまり立ちし始めた。今はつたい歩きが上手になった。けど、お座りができないせいか、一度立つと地面に戻れない。
立つのが辛くなると泣いて呼び出しがかかる。
低いテーブルにも登ってしまうようになった。下ろすと何度でもチャレンジ。すごく楽しそう。
そう言えば息子は登って下りる時はちゃんとUターンして足から下りてたな。
娘は…うーん。何となく頭から突っ込みそうな予感。気を付けよう。

どこにでもついてくる

後追いするようになった。ちょっと見えなくなると大号泣。全身で泣く。この世の終わりか?くらいの声を出すからビックリするけど、抱き上げるとピタリと止まるから、なんだか嬉しくなってしまう。

離乳食

こちらは順調。2回食してるけど、もっとあげたくなるくらいによく食べる。
嫌がる食材は特にない。何となくカボチャが好きな感じはする。

心配事がひとつ。

最近、髪の毛がごっそり抜けた。
今までも後頭部が擦れて薄くなってはいたけど、授乳後の腕に髪の毛がいっぱいついてた時は驚いた。
ごっそりと言っても微妙な量なので、来月の乳児検診で聞いてみようと思ってる。


8ヶ月。ほんとあっという間。最近は息子も慣れてきたようでよくあやしてくれるようになった。つかまり立ちして動けなくなった娘を救助してくれたりもする。(地味にすごく助かる)
娘の成長ももちろんだけど、息子もまた「お兄ちゃん」らしく成長しているようでとても嬉しい。

そろそろ保育園の事も考えないと。認可は無理そうだからとりあえず無認可のピックアップをしてみよう。

(娘:0歳8ヶ月)

息子の面談 in 保育園

あまり気になることは無いんですが…と言いつつも、お箸の使い方が少し気になるとの指摘があった。
確かに…。食べるのが遅いのばっかり気にしてしまって、お箸についてはおざなりだったかも…。よくみてくれているんだなぁと、ありがたく思った。

うちではエジソンのお箸を使ってる。(持ちやすいように補助がついているお箸)
面談でやんわりと普通のお箸にも慣れさせた方が…と突っ込まれたので早速始めてみることにした。

結果…
なんか癖がついてる?!
もどかしすぎていっぱい口出してしまった。

道のりは長そうなことはわかった。今まで何もしてなくて息子に申し訳ない。
とりあえず何から始めよう?と食後にネット検索してみた。

そして、わかったこと。

  • 練習と食事は別がいい。食事が楽しくなくなってしまうから。(すでに地雷踏んだ…確かにその方がいいと思う)
  • スマホアプリやYouTube動画にも参考になるものがあるらしい。
  • 練習用のおもちゃもあるらしい。

まずはやりやすいことから。
動画を見せてみることにする。
おもちゃも検討しよう。
そして優しい気持ちで見守ろう。(口出しすぎないように!)

(息子:4歳)

読んで良かった本『おかあさんと一緒になおす こどもの便秘』

(排泄の話も含むので苦手な方はご遠慮ください)

うちの息子は週に1~2回くらいしか排便しない。便秘に良さそうな食べ物をあげたり、一応対策していたけど改善せず。最近ではいつか自然に治るかなーと適当になってた。

そんなときに見つけたのがこの本。図書館でパラパラめくると、「子どもの便秘の原因は大人とは違う」という内容が目に留まった。

そこで思った。私の今までやってきたことはちゃんと「子ども」のための便秘対策になっていたのか? もしかしたら、新しい発見があるかも!とその本を借りた。

読んでみると最初から衝撃。子どもの便秘の原因の多くは、筋肉が発達していないからだと。なので、善玉菌を増やす的な対策(ヨーグルトなど)はあまり効果がないらしい。

まさに私がやってた対策は間違っていた。もう脱力した…。

最初で今までの対策を否定されたので続きが気になったし、読みやすくもあり、あっという間に読み終えた。

《この本を読んでわかったこと》
  • 子どもの便秘の原因は、筋肉の未発達かストレスによるものが多い。
  • 善玉菌が少なくなったことによる便秘(大人に多い)だと、乳酸菌系の食べ物も有効だが、子どもの場合はもともと善玉菌が多いので、原因でない場合が多い。
  • 食べ物は水溶性食物繊維を含むものが良い。りんご、ごぼう、玄米、おくら…など。
  • 物理的にお腹の動きを活発にするために、マッサージ、ストレッチなどをすると良い。

食べ物やマッサージ、ストレッチについてはイラストで解説もあって見やすかったです。
この本を読んだあと、実際にストレッチを試してみました。何回かに分けてですが、その日に出すことが出来たので、ちょっとは効いたのか?と思いました。
食事も水溶性の食物繊維を意識して作ってみようかと思います。
あぁ、本当に読んで良かった…。

おかあさんと一緒になおす こどもの便秘

おかあさんと一緒になおす こどもの便秘